• CONCEPT

    • 日本を代表するリゾート「軽井沢」のメインストリートから少し入ったところに旧軽井沢ホテルはある。
      都会のドレスコードから開放され、木漏れ日の庭を持つ別荘で寛ぐようなひととき。
      日々のルールから遠ざかった完全なる自由に、心と身体の時間をリセットする。
      あくまでさりげなく飾らない。
      肩の力を抜いて過ごすことこそが、ここでの滞在スタイルだから。

    • CONCEPT

    旧軽井沢ホテルでは、飾らないライフスタイルがそのまま滞在スタイル。
    いつもお客様の近くにバトラーが寄り添い、滞在の全てを委ねられる体験をご提供してまいります。
    洗練された空間の中、ほっと力を抜いていつもよりもっと自分らしくなる滞在をお手伝いいたします。

  • BUTLER SERVICE

    • バトラーサービス

    • ご滞在中のお客様には、バトラーがあらゆる期待や希望に応え、飾らない空間と快適な滞在を提供します。イギリス貴族に仕える執事(Butler)のように、滞在中のご希望にお応えする客室係、それがバトラーです。

  • STAY FOR SOMEONE

    • Charitable Hotel

    • この滞在が誰かを幸せにする時間になる。

      旧軽井沢ホテルは、ホテルで過ごす素敵な時間が、″世界のどこかで誰かを幸せにすることができる時間” となるチャリタブルなホテルとして、お客様からいただく売上の一部を各種支援団体に寄付します。

    • #001 : Kyu Karuizawa Hotel × Room to Read

    • お客様と共に1年でカンボジアに
      図書館を設立します。

    • チャリタブルホテルとして、初年度は特定非営利活動法人ルーム・トゥ・リード・ジャパンとパートナーシップを結びました。同団体は「子どもの教育が世界を変える」という信念のもと、読み書き能力の習得と教育における男女格差の是正に焦点をあてた活動をアジア・アフリカ10 カ国で展開しています。学校や図書館の設立、児童書の出版、教員の育成と、奨学金支給やライフスキル教育といった女子教育のプログラムを通じて、2020年末までに1500万人の子供たちに教育機会を届けることを目標にしています。

    STAY STYLE

    • STAY STYLE

    • ひんやりと澄んだ空気の中に身をあずけ、思い思いに過ごす時。
      自然の息吹を感じながら、街では出逢えない“何か”を見つける。
      なにげないことだけど、思わず話したくなる。そんな休日。

    • STAY STYLE

    • 15:30

    • CHECK IN

    • 都会でのスピードを減速する。

    • 東京から愛車を走らせる事、百数十キロ。軽井沢のメイン通りを曲がると木々の間に覗くホテルがある。夫婦の休日が揃うと、なるべく簡潔に荷物を詰めて日常を離れて過ごすのがいい。駆け寄るドアマンに愛車のキーと荷物を預け、促されるままふたりでエントランスへ。ここにはフロントは無く、スタイリッシュな家具が並ぶ落ち着いた雰囲気のロビー越しには緑の窓が見える。ゆったりとしたソファ席に案内されると、ウェルカムシャンパンを手にこの旅で初めの乾杯。一気に体内のスピードが減速していくのが分かる。何かほんの微かな香りが身を包んでいく。と、こなれた身のこなしで跪く人物がいる。この旅のバトラーである。

    • 16:00

    • SPA

    • 客室内に落ちる木陰での贅沢な癒し。

      客室までの間もバトラーは妻と雑談をしている。妻とは気が合うようだ。「お部屋でトリートメントができるんだって!」。 部屋にセッティングされたSPAのベッドの上、木漏れ日にまぎれ気持ち良さそうな妻を見て、その贅沢な時間をうらやましく思ったが、早速できた1時間半の自由時間でホテルの館内を見て回る事にした。仕事柄インテリアには少しばかり五月蝿い私がホテルに泊まる時に行う儀式のようなものだ。大好きなインテリアが趣味に逆戻りする私だけの楽しみでもある。探検していると、中庭を眺めるように椅子や机が配置された空間を見つけた。本棚の本を手に取ると、読むでもなくこの秘密の場所で庭の木漏れ日を楽しむ事にする。これはSPAよりも贅沢な時間かもしれない。

    • 19:30

    • DINNER

    • ディナーは遅めで。

      部屋に戻るとすっかり満足げな表情の妻がいる。私の表情もまたそのように映ったかもしれない。まるで自分たちの別荘で寛いでいるかのような錯覚にとらわれながら、室内に様々な表情を見せる光の変化を陽が沈むまで楽しむと、軽くディナーへの身支度を整えた。SPAの効果なのか妻がいつもと違って見える。ディナーが始まる前に先ほど見つけたあの秘密のスペースの話をしようとするが、先に妻に話しだされてしまった。いつもより少し早口だ。鮮烈な表情を見せるフレンチとの絶妙なマリアージュを魅せるワインのセレクトが、よりいっそう私たちの会話を盛り上げる。普段わざわざ話さないような、何気ない会話に夢中になり、とうとうあのスペースの話をしないままあっという間にディナーが終わってしまった。

    • 21:30

    • BAR

    • BARで過ごす特別な時。

      ディナーでも給仕をしてくれていたバトラーがBARでのひと時を促しくれた。まだまだ話足りない私たちはバーのカウンターへ。いつものシングルモルトを告げたと思ったら、ここでも話しだすのは妻の方だ。もう今夜はとことん聞くことにしよう。2杯目からはカウンター内にいるバトラーが薦めてくれたボトルをいただくことにした。リゾートホテルのバーにしてはちょっと珍しいメニューと相変わらず満足げな妻の話をつまみに夜は更けていく。

    • 23:00

    • ROOM

    • ホテルの夜は長く寛ぐ。

      部屋に戻ると枕元にはバトラーからのメッセージとともにミニバーのボトルとチョコレート。メッセージカードには明日の天気と気温が書かれている。快晴のマークにチェックしてある。誰にも言ったことがないが私は晴れ男なのである。早朝は少し肌寒いくらいのようだが、久しぶりにふたりで散歩しようということになる。不思議な事に初めてのデートの時に似たワクワク感がある。もちろんおくびにも出さないのだが。

    • 06:30

    • MORNING COFFEE

    • 鳥の声に目覚め、コーヒーを一杯。

      ワクワク感のせいではないが、小鳥のさえずりに少し早く目覚めた。とても気持ちのいい朝だ。BARを出る時にバトラーが渡してくれたコーヒー豆をミルに入れる。やがて挽きたてのコーヒーの香りが部屋に広がると妻が起きだしてきた。早朝の光に包まれ始めた中庭を眺めながらのコーヒータイム。とても豊かでゆっくりとした時間が流れる。朝食の前に約束どおり散歩に出かけよう。

    • 07:30

    • WALK

    • 軽井沢では朝の空気を。

      まだ朝霧のかかる別荘地の小径を歩く。しっとりと透明感のある軽井沢の朝の空気は格別だ。陽のあたり具合で作られる緑の濃淡や、木々の隙間から明るく照らされた地面が美しい。今日はどうやって過ごそうか?考えてみたらこの旅は全くのノープランなのだ。部屋に軽井沢の美術館の案内が置いてあったので、戻ったらバトラーに相談しよう。確か朝食は地元の新鮮な食材を使った自慢のブッフェだった。美味そうな卵料理もあるらしい。ふたりとも心地よい空腹感に促されて少し早足でホテルへと足を向けた。

    • GUEST ROOMS

    • 窓越しに見つける軽井沢の鮮やかな四季。
      窓から差し込む漏れ日と清涼な空気。枝葉にさえずる鳥たちと心地よい木々のざわめき。
      爽やかでスタイリッシュなデザイン性と美しさを追求したゲストルームで、
      肩の力を抜いて暮らすような旧軽井沢スタイルの寛ぎを。

    • ROOMS

    • JUNIOR SUITE

    • ジュニアスイート

    • 面積:52平米
      全室中庭に面し、軽井沢の四季を感じることができるお部屋です。広めの52平米のお部屋は、軽井沢の自然に溶け込むような、爽やかでスタイリッシュな雰囲気を作り出しています。

    • DELUX TWIN

    • デラックスツインルーム

    • 52平米のゆったりとした広さを持つ、旧軽井沢ホテルのメインゲストルームです。
      4名様までご宿泊いただけるAタイプや、開放感のある高い天井が特徴のBタイプ。中庭を望むガーデンビューなど、滞在スタイルに合わせてお選びいただけます。

    • DELUX JAPANESE - WESTERN

    • デラックス和洋室

    • 面積:52平米
      ベッドルームと畳のスペースがある和洋室です。畳のスペースでは、家族での寛ぎの時間をお過ごしいただけます。布団を2組セットすることで4名様までご利用になれます。ファミリーでのご利用に適したお部屋です。

    • STANDARD TWIN

    • スタンダードツインルーム

    • 面積:38平米
      ちょっとした軽井沢でのご滞在や、お仕事でのお泊りに。38平米の広さがあり、セミダブルベッドが2台設置されていますので、ゆったりとお休みいただけます。

    • PET FRIENDLY

    • ペットフレンドリールーム

    • 面積:52平米
      ペットと一緒にご宿泊いただけるお部屋です。可愛いワンちゃんを連れて、軽井沢の散策を楽しみたい方にピッタリのお部屋です。

      > ペット同伴(犬・猫)ご宿泊に関する規約

    RESTAURANT

    • RESTAURANT

    • Le Signe(ル・シーニュ)ー 良い兆し・予感。
      中庭の木漏れ日に四季を知り、涼やかな風に時を感じる。
      “その時の選りすぐり”で彩るスタイリッシュなフレンチで、
      未知の体験がもたらす予感に心躍る。

    • SPA

    • リラックスの本当の意味を知る〈時間〉〈空間〉〈技〉・・・。
      「本当の自分と再会する」そんな体験への誘い。
      静寂と木漏れ日のなか、明日から何かが少し変わるような
      美しい自分と向き合うひとときを。

    • SPA

    お客様のお部屋で身体全体を通して総合的に働きかけるトリートメントをご提供いたします。
    プライベートな空間と時間のなか、全てが癒されるような深いリラックスを。
    ホリスティック・リラクゼーションで、 身体が求める五感を蘇らせて解放へと誘います。

    • HOLISTIC RELAXATION

    • ホリスティック・リラグゼーション

    • 「ホリスティック(Holistic)」の語源は、ギリシャ語のHolos(全体)。そして、Health(健康)もまた、Holosに根ざしています。ビューティ&ホリスティックセラピーは、不調などの原因を身体全体のバランスととらえ、ひとりひとりに適したトリートメントで美と健康を整えます。自然治癒力の持続性を高めるオールハンドトリートメントのホリスティックケアをご体感ください。
      営業時間/10:00~21:00  最終受付/20:00

    • ネイチャーブリーズボディマッサージ

    • 60min. ¥20,000 / 90min. ¥30,000

    旧軽井沢ホテルプライベートスパお薦めのオイルを用いて、 全身のバランスを整えるためのマッサージをお好みの強弱でご提供いたします。

  • SPA MANAGER スパマネージャー
    仙頭和子(せんどう・かずこ)

  • オーストラリアでナチュラルビューティセラピーのコースを学び、シドニーのダブルベイのクラランス ゴールデンサロンでビューティーセラピストに就任。英国に渡り技術向上のためITECを修得後、クリニックやサロンでセラピストとしてのキャリアを積み、ロンドンのmyhotel chelseaでスパマネージャーに就任。2005年、世界的に有名なリゾートであるSix Senses Resorts & Spasに入社。タイ王室避暑地のあるホアヒンでは、ホリスティックコンサルタントとして世界のVIPや、メディアの方々のケアに従事。その後、エリアトレーナーとして、モルジブ、スリランカ、ミドルイーストでホテルスパセラピスト、スパレセプションの育成のためのトレーナーに就任。

  • BANQUET

    • BANQUET

    • 「ここに集うということ」それは特別なつながりを意味する。
      軽井沢の空気が心の膜を1枚取り払って、心ゆくまで語り合う。
      そんな時間が、また新しいなにかへと繋がっていく。

    • BANQUET

    リゾート研修を始め、歓送迎会や暑気払いからサークル打ち上げ、おめでたいお席やご法事、
    ご親族や仲間内での気軽な語らいまで、いつもとは異なる集いの時間をご用意。
    開放的なホールや明るいパーティールームなどの会場と、コースはもちろんブッフェや卓盛などの卓越したお料理。
    お客様のご要望にあわせてたスタイルでプランをご提案いたします。

    • Banquet Hall〈LUCAS〉

    • 大宴会場〈ルーカス〉

    • 木漏れ日が降り注ぐ中庭に面した会場は、最大70名様程度のウェディングからセミナー、パーティーでご利用いただけます。ホールの入り口には「サンルーム」を設え、パーティー開始までのひとときを優雅にお過ごしいただけます。会場内のブラインドをオープンにすることで、中庭に面した木々を望む開放的な空間もご体験いただけます。
      会議利用人数:最大40名
      宴会利用人数:最大70名

    • Party Room〈EVELYN〉

    • パーティールーム〈エヴェリン〉

    • 陽光が柔らかに差し込む、ホテルA棟の3階に位置する「エヴェリン」は10名様から20名様程度のパーティー、会食をご案内しています。暖炉を設えた室内は、どことなく温かな印象を与え、邸宅のリビングで寛いでいるような時間をお過ごしいただけます。
      会議利用人数:最大20名
      宴会利用人数:最大20名

    • Party Room〈CHLOE〉

    • パーティールーム〈クロエ〉

    • 中庭に舞う落ち葉や揺れる木漏れ日を感じていただけるホテルB棟1階に面した会場。中庭からのアプローチはホームパーティーや家族の団欒を感じさせてくれる。8名様から10名様までの会食、会議のご利用を承っております。
      会議利用人数:最大10名
      宴会利用人数:最大8名

    BRIDAL

    • BRIDAL

    • 澄み渡る軽井沢の空の下には親しみのある顔ぶれがある。
      彼らの笑顔に満たされたチャペルの庭に
      ひときわ華やかに咲き誇る花が一輪。
      ゆっくりと流れる時間の中、最良のときが始まる。

    • ABOUT KARUIZAWA

    • 標高1000mの高原にある国際的リゾート地「軽井沢」。
      広い空を区切る稜線と湖沼や滝などの自然、落ち着いた佇まいの別荘、のどかな山村。
      作家や画家たちが愛した風景は、歴史を色濃く残し、
      四季折々に姿を変え私たちを魅了します。

    • ABOUT KARUIZAWA

    人々が昔から軽井沢を訪れるのには、それぞれにいくつかの理由があります。
    高原独特の涼やかな空気感に癒されるため。多くの文学者や芸術家の足跡をたどり、思いを馳せるため。
    または、賑やかな旧軽井沢銀座でちょっとお洒落にショッピングを楽しむためかもしれません。
    旧軽井沢ホテルでは、ご滞在中の軽井沢の見どころも余すところなく、ご案内させていただきます。

  • HISTORY

  • 軽井沢の歴史

  • 愛され続ける理由を知る
    高原リゾートとしての軽井沢の誕生は1886年(明治19年)、宣教師のアレキサンダー・クロフト・ショーが
    この地を訪れ、美しい自然と静穏な環境に感動し、その夏に家族と友人を伴って訪れたのが最初とされています。
    明治26年には日本人の別荘も立てられ、同年開通した鉄道によって避暑地としての発展を加速する。
    古き良き日本文化と近世の西洋文化を融合させた建築や街づくりは現代でも人々を魅了しています。

  • NATURE

  • 軽井沢の自然・風土

  • 美しく涼しく清らかを感じる
    浅間山の南麓に位置する軽井沢高原。火山灰土による水はけのよい大地には瑞々しい食物が育ち、標高1000メートルの高地と、冷涼な気候を作り出します。モミ、コナラ、シナノキ、コブシなどの多くの樹木が自生する豊かな森林地帯が広がり、自然の息吹が身近に感じられます。

  • CULTURE

  • 軽井沢の文化

  • 文化の空気に心満たす
    「かおり高い伝統と文化を育て上げましょう」と軽井沢町民憲章で謳われているように、軽井沢周辺には文化施設が多数点在しています。戦前よりインテリ層の社交場として発展したこの地は、堀辰夫や芥川龍之介といった作家が長期に渡り滞在するなど、高貴な文化の香りをイメージさせます。散策の途中、偶然出会うアートに心惹かれる瞬間が待っています。

  • SIGHTSEEING

  • 軽井沢の旅

  • 見る食べる愉しむ
    国内屈指の高原リゾートである軽井沢の旅のハイライトは街中散策。散策の途中で出会うショップでは何かを思い出させてくれる、そんなアイテムに心惹かれます。宿場町の様相を残す旧軽井沢エリアから軽井沢駅方面、遠くは中軽井沢まで、多くのショップが軒を連ね、また森の中の静かなレストランでは忘れられない旅の思い出を演出してくれます。

  • FACILITIES

    • FACILITIES

    • 空間は爽やかにスタイリッシュ。
      華美に飾る必要はない私の別荘。
      肩の力を抜いて誰にも邪魔されない自由な時間を過ごし、
      時にはお客様を招いて一緒に穏やかな時間を愉しむ。

    • FACILITIES

    モダンシンプルでタイムレスなデザインは、まるで自分の別荘にいるかのように、落ち着いた空間を作り出しています。
    館内にはお客様が自分好みの滞在スタイルでお寛ぎいただけるスペースをご用意しております。

    • SUN ROOM

    • サンルーム

    • 木漏れ日が差し込むサンルームはホテルの中庭に面した、まるで邸宅の寛ぎのシーンを思わせる落ち着いた空間。ゆったりと流れる時の中、静穏な環境は読書や午後のティータイムを優雅にお過ごしいただけます。

    • BAR LOUNGE

    • バーラウンジ

    • 暮れゆく陽光を眺めながら、木々を揺らす風と緑をかすかに感じられるカウンターバー。
      夕闇が森を包む頃、中庭の木々はほんのりとライトアップされ、幻想的な景色を映し出します。食前、食後の語らいのひとときを静かに演出します。

    ACCESS

    • ACCESS

    • 周辺地図

    • 名称:旧軽井沢ホテル Kyu Karuizawa Hotel
      所在地:〒389-0102 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢491-5

    • ■軽井沢駅間のご送迎(約3分) ※予約制
      >JR軽井沢駅(北口)→ホテル 14:00、15:00、16:00、17:00
      >ホテル→JR軽井沢駅(北口) 10:00、11:00
      ※詳しくはお問い合わせください。

    • 電車でお越しの場合

    • ■JR軽井沢駅(北口)もしくは、しなの鉄道"軽井沢駅"駅前から軽井沢
      本通りを北へ。 途中「駅入口」「東雲」交差点を直進した先の左手のある路地を左に入ると旧軽井沢ホテルがあります。

    • ■JR東京駅より、北陸新幹線で軽井沢駅まで約70分、軽井沢駅北口
        より徒歩約15分 タクシーで約5分
      ■JR名古屋駅より、東海道新幹線で東京まで約100分
      ■JR新大阪駅より、東海道新幹線で東京まで約150分
      ■JR大阪駅より、特急サンダーバードで金沢駅まで約165分、金沢駅
        より、北陸新幹線で約120分

    • 車でお越しの場合